自動車保険に必要な知識

自動車保険選びは、1つの会社に即決するのではなく、数社からじっくり比較検討して行うことが必要です。
当サイトは自動車保険に関する情報と、自動車事故の体験談を合わせて、保険の選び方に関する情報を更新しています。

自動車保険の担保内容について

自動車保険に加入しようとする時、最も重要な保障内容について正しく理解・認識している人が少なくないように思われます。
何となく保険に加入していれば安心、また保険料が安ければ良い、ということに主眼が置かれてしまい、肝心の保障内容を十分に理解せず、事故を起こしてしまった時に慌てて、その事故が保険で担保されているのか調べることになるというのが、ほかならぬ私自身の体験でもあります。

しかし最近は、保険証券自体が不発行というような保険会社も多く、どういう事故が保険で担保されるのか、保険の更新時期にざっと目を通すことはあっても、じっくりと調べることなどあまりないという人が大半かと思われます。

今回は、保険で担保されている保障内容について、具体的に一つの事例を挙げて紹介し、その事故をイメージしてみることにより、その保障(オプション)に加入すべきかどうか、自分の頭で考えて貰えるような紹介の仕方をしてみたいと思います。

自動車保険には車両保険という保障があります。
これはオプションですので、付けることも付けないこともできます。
そしてこの車両保険はかなり高いですので、保険料を安くしようとする場合、これを付けないことが多いです。

しかし車両保険がどういう内容であるか十分に理解された上で、付ける付けないの判断をされていますでしょうか。
以下でざっとその内容について説明したいと思います。

車両保険が担保する内容は、単独事故、他車との衝突、火災や台風等の災害また盗難の大きく分けて3つに分類されます。
うっかりよそ見をしていて電柱や塀に車をぶつけたりこすってしまった、これは単独事故となります。
また狭い道を通行中に誤って対向車とぶつかってしまった、あるいは追突された、これは他車との衝突ということになります。
自然災害や盗難は容易にイメージできるかと思います。

車両保険とは、大まかに以上のような事故に対応する保険です。
なぜ車両保険が高いのか、これを考えると容易に想像することができるかと思います。
すなわち一般的にイメージする事故というものが上のようなケース(つまり発生件数と多い事故)だからです。
自動車事故に関する口コミ情報も車両保険を選ぶ上では参考になります。

このように一つ一つ具体的にイメージしながら保障の内容の検討を行うと良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ